デザイナー藤崎尚大によって2014A/Wシーズンからスタート。『身体に最も近い道具』をブランドコンセプトとして、ファッションの無垢な側面に道具としての機能性を持たせることを追求。日常着である以上、服は衣装ではなく道具であるとする思想から、その道具がより機能するためのデザインと定義する。
プロダクトが使い手の日常に馴染み、機能的な道具としての役割を果たす上で構築された使い手のスタイルこそがファッションとする。